コンテンツへスキップ

2022年6月現在、中川町は、「北海道移住のすゝめ」に参加していません。

中川町

山の恵と川の恵を受けた美しい町

中川町は、北海道の北部に位置する人口約1400人の小さな町です。天塩川が縦断する中川町には北海道大学中川研究林が所在しており、表情の異なる二つの原生保存林が多様性に富む森林生態系を形作っています。カヌー、トレッキング、サイクリングなどを組み合わせ、化石燃料を利用しない移動や体験を楽しむエコモビリティを推進していて、北大中川研究林公認ガイド制度の創設を目指しています。

地域おこし協力隊の定着率は6割を超え、OGを中心として、森の恵みでモノづくりを行う職人集団「森と手と」が活躍しています。子育て環境も非常に充実していて、若年層の移住も増加しています。