コンテンツへスキップ

北海道あるある! よくある質問

交通・移動について


Q:車を持っていないのですが、ないと不便ですか?

答え A:

バスやJRを使うこともありますが、多くの方は車を利用します。札幌などの都市部から離れた地域ではJRは数時間に1本ということもあります。車があるほうが行動範囲は断然広がります。一方で、車を持たないと決めて、その前提で住む場所を決めれば生活に困らない場所もあります。

Q:小学校まで遠い場合はどう通うのでしょうか?

答え A:

基本は徒歩通学ですが、自宅が遠方の場合は車送迎やスクールバスが整備されている地域もあります。学年があがると、自治体よっては自宅から学校までの距離により自転車通学を許可されることもあるようです。

仕事・収入・生活コストについて


Q:仕事があまりないイメージなのですが、仕事はありますか?

答え A:

仕事はあります。ただし、人口の多い都会と比べると種類も数も少ないです。そのため、希望の仕事を検索してその中から選ぶ、ということが北海道の地方都市ではしにくいのが現実です。公開されている情報ではなく人づてで探したり、勤務地の範囲を広げると良いかもしれません。生活圏が住んでいる地域で完結していない地域も多いので、近隣の市町村へ通勤する方も多くいます。

Q:東京から地域に移住して生活コストってどれくらい下がりますか? 上がるものは?

答え A:

収入は都市部に比べて見劣りする場合が多いかと思います。光熱費や車の維持費など住んでから気づく支出も少なくはないです。しかし、家賃などの固定費などは安く抑えることができたり、知り合いの農家さんや漁師さんからおすそ分けをもらえることもあります。

Q:冬の光熱費はどのくらいかかる?

答え A:

住宅の構造や大きさによっても違いますが、夏に比べると2~3倍くらいかかることが多いです。その分、夏は扇風機すら使わない地域もあるので、年間トータルで考えるとエアコンが必要な地域と光熱費は変わらないかもしれません

生活について


Q:ネット環境は整っていますか? 田舎でも光回線は通っていますか?

答え A:

地域によりますが、市街地はほぼ問題ないところが多いです。しかし、中心地から離れたエリアでは整備されていないこともあります。伊達市の場合、山間部の大滝区では光回線が通っていないため地元ケーブルテレビの回線でインターネットに接続していますが、そこも間もなく光回線が通る予定です。

Q:生活用品や食材の買い物は町内でできます?

答え A:

多くの地域は生活用品は問題なく揃います。もし揃わない場合も車で近隣地域まで行けば、困ることはないと思います。最近は、ネットショッピングで揃える方も増えています。

Q:雪かきしたことないけど大丈夫ですか?

答え A:

難しいことではないので大丈夫です! ホームセンターで便利な雪かき道具もいろいろ揃います。ご近所さんに聞いたりネットで調べれば雪かきの仕方もわかって何とかなります。雪かきエクササイズと呼んで前向きに楽しんでる方もいますよ(笑) ただ、屋根の雪下ろしなど危険が伴う場合は業者さんに頼む方が多いです。あとは除雪機を購入したり、そもそも一戸建てに住まないなど、適宜検討していくことも必要かもしれません。また、北海道でも地域や住まいによっては、一度も雪かきをせずに暮らせるケースもあります。

趣味・コミュニティについて


Q:農業未経験でも自給自足の生活はできますか? 教えてくれる人はいますか?

答え A:

自宅の庭などで小さくやる分には可能です。庭がなくても自治体によっては市民農園(有料)を借りることもできます。暮らしていくなかで農家さんと親しくなればアドバイスもしてもらえるかもしれません。大きな土地を借りる場合はたいてい法的な制約が出てきてます。

Q:塾・習い事ありますか?

答え A:

小さな町でも近隣地域も含めるとよくある習い事や塾はあります。地域によっては自治体がオンライン授業を展開する塾の講義を受けられる仕組みを用意していることがあるます。また、北海道ならではのウィンタースポーツに関する習い事もいろいろあります。

もっと聞いてみたいことがある方へ


もう少し具体的にお話を伺ってみたいことがある方は、ぜひオンライン個別相談会をご活用ください。また、イベント時以外にも移住相談を受け付けている自治体もございますので、各自治体ページからご確認ください。

LINE公式で「北海道移住のすゝめ」メンバーに直接連絡ができます。お気軽にご利用ください!